リンパについて

リンパマッサージやリンパドレナージュは体に良いと人気ですが、なかにはリンパがどのようなものか分からないという方もいらっしゃるのではないでしょうか。そこで、リンパについてまとめました。

リンパとは

人間の体のおよそ60%から70%は水分となっています。この水分は、血液、リンパ液、組織液からなっています。リンパ液が流れているリンパ管は血液と同じように全身に張り巡らされている細くて透明な管です。リンパ液もリンパ管と同様に無色透明な液体です。リンパ管には血液から出てきた組織液を回収する役割があります。その回収された組織液がリンパ液となって体中を巡ります。

リンパの働きについて

リンパは、病原菌から体を防御するという働きをしています。リンパ管の通り道にあるリンパ節で、菌が体内に侵入しないように働きかけているのです。さらに菌が体内に侵入しないようにするだけでなく、血管で運び出せなかった老廃物など体内の不要なものまでも排出する働きもします。リンパの管は血液と比べてもとても細いので、詰まりやすくなっています。老廃物や水分が溜まりにくくするために、リンパの流れを良くする必要があるのです。

リンパが流れる仕組みについて

リンパには血液を押し出す心臓のようにポンプの役割を担っている器官がありません。そのため、筋肉の収縮によってリンパはゆっくり流れています。リンパの流れが悪くならないようにするには、筋肉を動かすことが重要です。男性に比べて筋肉量が少ないとされる女性、運動不足の方は、特にリンパの流れを意識する必要があります。

新潟市にある当店では、リラクゼーションを目的とした施術を行っております。アロマオイルを使用したリンパを刺激する施術で日頃の疲れを癒してみてはいかがでしょう。


PAGE TOP